平成28年南山中学女子部最新受験情報

2d6766bb151c04344d3c3cc29fe219e4.png
本日は、愛知県昭和区隼人町にある
愛知県の女子中学の中でも偏差値として、
トップに位置するといわれる
「南山中学女子部」の最新入試情報、
最新の学校情報をお伝えしたいと思います。




愛知県内の同じ“女子中学校”の科目別入試対策と対策はコチラです
(※以下をクリックして頂くと別ウィンドウで最新の学校別入試情報が開きます)

金城学院中学の最新学校情報、科目別入試対策はコチラ

椙山女学園中学の最新学校情報、科目別入試対策はコチラ

聖霊中学の最新学校情報、科目別入試対策はコチラ




それでは、まいります。

正式名称:学校法人 南山学園 南山中学女子部
所在地:名古屋市昭和区隼人町17
連絡先:052-831-0704

名古屋市昭和区にある南山中学女子部の創立は、
1932年にカトリック神言修道会司祭である
ヨゼフ・ライネルス博士により、
ミッションスクールの旧制南山中学校として創立されました。

そして第二次世界大戦後に大学の設立、女子部の創立があり、
1995(平成7)年には、名古屋聖霊学園と合併されています。

現在、南山大学附属小学校、南山中学校・高等学校(男子部・女子部)、
南山国際中学校・高等学校、聖霊中学校・高等学校、南山大学短期大学部、
そして南山大学・大学院を有する総合学園となっているカトリック系の
由緒正しき学園の1つとなっています。

≪教育方針と特色について≫
南山中学女子部は、カトリック系の学校であるため、
キリスト教の精神である「神は愛である」、人間「互いの愛」を
理解し、身につけた人格教育を目的に、
校訓である
・高い人格
・広い教養
・強い責任感
の三訓を学校として掲げられています。

教育指導は6ヶ年での一貫教育であり、ゆとりある
独自のカリキュラムの中で生徒の成長を図っています。

中学3年間は基礎学力を重視、到達度の絶対評価を重視し、
苦手科目を作ることなく、学習ができるように指導しています。

また、国際的視野の育成にも力を注ぎ、
英語教育は少人数での英会話授業を中学3年までは今でも続けています。

そして、高校入試がない利点を活かし、
個の関心を伸ばす楽しい授業を行いつつも、
学校独自の各種行事や40の運動部と文化部の活動は、
専門的な技術や知識の習得だけでなく、
学年を超えた結びつきを育んでいます。

なお、進路および合格実績では、全国の国公立大学や
難関私立大学の合格に毎年多数の実績を残しています。


≪試験時間および配点≫
国語:50分、200点
算数:50分、200点
理科:50分、200点
社会:50分、200点

≪年度別受験者数、合格者数、実質倍率≫
●平成26年度
・募集人員:160名
・応募者数:679名
・受験者数:656名
・合格者数:175名
・実質倍率:3.75倍

●平成27年度
・募集人員:160名
・応募者数:677名
・受験者数:663名
・合格者数:175名
・実質倍率:3.79倍

●平成28年度
・募集人員:160名
・応募者数:744名
・受験者数:723名
・合格者数:174名
・実質倍率:4.16倍

≪年度別受験者平均点、合格最低点≫
●平成26年度
・国語:123.6点(200点満点)
・算数:101.6点(200点満点)
・理科:99.1点(200点満点)
・社会:123.6点(200点満点)
・合格最低ライン:511点(800点満点)63.9%
・合格最高点:非公表

●平成27年度
・国語:118.4点(200点満点)
・算数:88.3点(200点満点)
・理科:136.8点(200点満点)
・社会:116.7点(200点満点)
・合格最低ライン:520点(800点満点)65.0%
・合格最高点:非公表

●平成28年度
・国語:118.3点(200点満点)
・算数:70.5点(200点満点)
・理科:99.2点(200点満点)
・社会:134.7点(200点満点)
・合格最低ライン:487点(800点満点)60.9%
・合格最高点:非公表
となります。

いかがでしょうか?

首都圏や関西圏の難関私立中学の入試問題に
近い難問や傾向も含んでいる為、
受験者の平均点も愛知県内の私立中学の中では
決して高い方ではありませんが、
それなりの良問や本質的理解ができていない
受験生の方々にとっては解き上げられない問題も
多くみられます。

南山中学女子部の入試問題(過去問)からの
科目別入試問題の傾向と、合格に向けた対策は
次回お伝えいたします。

第1志望校を南山中学女子部とされている
受験生の方や親御さんも多いかと思います。
参考になれば幸いです。

●ブログランキングへの参加をはじめました。
励みになっています。
参考になりましたら、“ポチッ”とご協力の程、
よろしくお願いいたします。

中学校受験 ブログランキングへ





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

おすすめ家庭学習用教材