愛知中学 算数の出題傾向と対策

503.jpg





本日は、前回に続き愛知県名古屋市千種区にある「愛知中学校」の入試傾向と対策を記事にしたいと
思います。

・愛知中学校の過去3年間分の倍率、合格最低点等はコチラ
↓↓
2016年愛知中学入試結果【最終集計版】





以下、ここ3年間分の過去問の分析と具体的な合格に向けた対策をお伝えしていきます。

愛知中学校の算数のここ3年間の入試問題では、
・文章問題:約30%
・図形問題:約25%
と文章問題と図形問題合わせて50%を越えるという他中学の入試問題と比べても、はっきりとした
傾向があるといえます。

また、
・計算問題:約10%
・割合を用いた問題:5%
となっており、計算(四則演算)分野と割合の単元だけでも15%を占める形ともなっています。(文章、図形、計算、割合問題を合わせると70%にもなります)

尚、文章問題においては、
・差集め算
・速さ
・場合の数
の3単元が取り分け出題率が高い傾向となっていますし、図形問題においては、
・比を必要とする問題
・図形の移動
の出題率が高いといえます。

問題の難易度に関しては、基礎/基本といえる問題が多く出題されていますし、4科目の合格最低点には達します。

落とさずに取れる部分を確実に点数につなげるということを求め日々の学習に取り組んでいきましょう。






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

おすすめ家庭学習用教材